◇産地 京都(西陣織工業組合証紙番号259 服部織物)

◇素材 地糸:絹100%、柄糸:絹65%、ポリエステル35%(金属糸風)

◇地色 水色

◇用途 目安として6月、7月、8月、9月初旬着用。単衣、夏訪問着、付下げ、色無地、小紋。

◇サイズ 長さ:約455cm 帯巾:約31cm 六通柄



◇特徴 

水色地に桔梗が織り表わされた帯です。

桔梗は万葉集の中で秋の七草と歌われ、家紋にも使われるなど古くから日本人に愛される美しい花です。

夏の帯地の文様に秋の涼感を連想させる秋草が多く用いられますが、桔梗の文様が単独で織り表されたクオリティーの高い織の夏帯地は珍しいです。

個人的には、このようなシンプルなデザインをずっと探しておりましたので、「やっと見つかった」でございます。このようなタイプの夏帯は、本当にありそうでないのです。

秋に凛と咲く桔梗のたたずまいがよく表現されています。そしてなにより色が良いです。

やや抑えの効いた発色の綺麗な水色の地色は、夏のお着物に合わせやすいです。

また紫、白、青緑の文様のシンプルな配色がたいへん上品な涼感となっております。

桔梗の花言葉の通り、気品と清楚さを感じさせる素敵な逸品でございます。

服部織物の絽の夏帯は、絽目が少ない素材でございますので織柄が大変、精密に織ることができます。

夏帯には珍しく、細かで繊細な表情となりますので他の夏帯にはない上質感となります。



◇お仕立・ガード加工

ご希望の方のみ、セレクトボックスよりご注文下さい。

《仕立てのタイミングについて》

・確認なしで「仕立して納品」(キャンセル不可)をご選択の場合は、お仕立をいたしましてからお届けいたします。御仕立代は割引料金とさせていただきます。

・「商品確認してお仕立」をご選択の場合、未仕立品を一度お届けいたします。商品ご確認後、ご返送下さい(返送時の送料はご負担下さい。)

《帯芯について》

夏帯は夏帯用の綿芯で御仕立いたします。

《ガード加工について》

撥水加工をいたします。希望の場合は、セレクトボタンで ご指定下さい

お着物のお手入れを簡単にし絹製品の汚れを防ぐ防汚・撥水・撥油効果の加工です。 数回のクリーニング後も効果があります。加工のメリットは次の3点です。

1、汚れに強く
2、手入れが簡単
3、美しさが長持ち



◇返品

未仕立・未加工の商品のご返品は、お荷物到着から7日以内にご連絡下さい。
仕立・紋入・ガード加工済の商品は返品できません。


ページのトップへ